病院

札幌メディカルコミュニケーションホットライン011-211-2121

  • どこの病院に行ったら良いか教えてくれます。(毎日24時間)
  • 札幌市内の病院の予約を取ります。
     ※病院への予約・問合せができるのは、病院が開いている時間内です。
  • 病院に行ったときに、電話通訳が使えます。
  • 一緒に行ってくれる通訳ボランティア(英語・中国語のみ)を手配しますが、次の人だけが利用できます。
    ①札幌市内に住んでいる人 (短期滞在を除く)
    ②札幌市外に住んでいる留学生とその家族が、札幌市内の病院にいくとき
     ※病院に行く何日か前に申込みが必要です。
     ※英語は特定非営利活動法人SEMIさっぽろ、中国語はSCI(札幌中国語医療通訳グループ)の通訳者が同行します。
     ※同行を希望する方は、オペレーターにメールアドレスを教えてください。
  • お金はかかりません。
     ※通話料はかかります。

対応言語
最大32言語(英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ロシア語、ミャンマー語、モンゴル語、ヒンディー語、ペルシャ語、広東語など)*対応できないことがあります。

くわしい使い方は、こちらをみてください。

札幌メディカルコミュニケーションホットライン(札幌市)

救急安心センターさっぽろ(#7119または011-272-7119

急な病気やけがのとき、病院を受診したほうがいいか、救急車を呼んだ方がいいか相談できます。

北海道救急医療情報案内センター

パソコンや携帯電話で病院の情報を調べることができます。

医療機関情報マップ(札幌市医師会)

現在診療中の病院の情報を調べることができます。

医療機関マップ(札幌市医師会)

日本政府観光局(JNTO)

外国語が通じる病院を調べることができます。

医療機関検索(日本政府観光局(JNTO))

病院に行く(診療の受け方)

  1. 受付で健康保険証を渡し、名前を呼ばれるまで待ちます。病院が混んでいるときは、長い時間待つこともあります。
  2. 診察や治療が終わったら、会計で診療費を払います。薬が処方された場合は、処方箋を受け取ります。
  3. 処方箋を薬局に持っていき、薬を受け取り、お金を払います。

医療通訳を探す

医療費の助成

介護

介護保険は、40歳以上の人が加入して保険料を負担し、介護が必要になったとき、費用の一部を支払って、訪問介護、通所介護、福祉用具の貸し出し、介護老人福祉施設への入所などの介護サービスを利用できる制度です。

年齢によって、加入の仕方は65歳以上の方である第1号被保険者と、40歳以上64歳までの方で、国民健康保険や職場の健康保険に加入している方である第2号被保険者の2種類に分かれます。

介護保険で利用できる介護サービスは、年齢や健康状態によって違います。介護サービスを利用するためには、区役所保健福祉課に申請して、介護が必要であることを認定してもらうことが必要です。

パンフレット「なるほど実になる介護保険」は、介護保険のしくみやサービス利用の手続き、受けられるサービスの種類や金額の目安、保険料など、札幌市の介護保険についてまとめています。

画像:なるほど実になる介護保険

なるほど実になる介護保険

障がい福祉

障がいのある方などは、様々なサービスを利用できる場合があります。

障がいの程度や状況によって、利用できるサービスは異なりますので、お住いの区の保健福祉課などへお問い合わせください。

画像:障がいのある方のための福祉ガイド2020

障がいのある方のための福祉ガイド2020

 

相談窓口

  • 区役所保健福祉課(札幌市)
    障がいのある方の保健福祉サービスの相談を受けています。
  • 身体障害者更生相談所(札幌市)
    18歳以上で、身体に障がいのある人の、自立支援医療(更生医療)や補装具費支給の判定をしています。
  • 知的障害者更生相談所(手をつなぐ相談センターまあち)(札幌市)
    18歳以上の人の療育手帳交付の判定をしています。
  • 精神保健福祉センター(札幌こころのセンター)(札幌市)
    こころの健康に関する相談に、電話で応じています。相談された内容に応じて、適切な関係機関、相談機関についての情報提供などを行います。
  • 視聴覚障がい者情報センター(札幌市)
    視覚に障がいのある人のために、社会適応訓練や相談、点字・録音図書の貸し出しをしています。
  • 児童相談所(札幌市)
    18歳未満の児童についての相談(発達の心配、しつけ、非行など)を受けています。
  • 子ども発達支援総合センター(ちくたく)(札幌市)
    子どもの身体や心の発達、情緒や行動の問題について医療・福祉の面から支援を行う複合施設です。
  • 障がい者相談支援事業所(札幌市)
    障がいのある人や、その家族の生活や支援について相談できます。
  • 障がい児等療育支援事業(札幌市)
    重症心身障がいや発達障がいなど、障がいのある子どもや家族の地域生活を支えるため、療養指導や療育支援をします。

市役所関連施設での相談で通訳が必要な場合は、「さっぽろコミュニティ通訳」をご利用ください。

住民税非課税世帯への支援

NEW令和5年度札幌市物価高騰臨時給付金・こども加算分/均等割のみ課税世帯分

[対象] 2023年12月1日時点で札幌市内に住民登録がある世帯で、①令和5年度住民税非課税世帯、②令和5年度住民税の均等割りのみ課税世帯(課税者の被扶養者のみで構成される世帯などは除く)


[支給額] ①はこども*1人当たり5万円、②は1世帯当たり10万円(こども*1人当たり5万円を追加)
*2005年4月2日以降に生まれたこども


[申請] 令和5年度住民税非課税世帯のうち、物価高騰対応臨時給付金(7万円)を申請不要で受け取った世帯は原則申請不要(支給日3月28日)。
それ以外の対象世帯は、3月15以降に送付している書類(封筒:写真)を5月31日(金)(消印有効)までに返信用封筒で返送。申請受付後、3週間程度で支給。

封筒

[札幌市役所HP]

① https://www.city.sapporo.jp/rinnjitokubetukyufukin/r5_2hikazei_kodomo.html

② https://www.city.sapporo.jp/rinnjitokubetukyufukin/r5_2kintou.html

申請について確認したい、封筒が届いていないなどは下記コールセンターに電話してください。

札幌市物価高騰対応臨時給付金 相談コールセンター

電話番号:050-3352-2002

受付時間:平日9時から18時まで

対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、フィリピン語、ネパール語、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語、ミャンマー語

申請に手伝いが必要な人は、さっぽろ外国人相談窓口に相談してください。 

令和5年度札幌市物価高騰臨時給付金

[対象] 2023年12月1日時点で市内に住民登録があり、世帯全員の令和5年度住民税均等割が非課税または全額免除の世帯(課税者の被扶養者のみで構成される世帯などは除く)

[給付金額]  1世帯あたり7万円

[手続き方法]
(1)令和5年度札幌市住民税非課税世帯支援給付金(3万円)が、世帯主の口座に振り込まれた世帯(※)には、1月17日以降に写真の封筒に入った「通知文」が届きます。
振込先の口座の変更や給付の辞退などがなければ、2月19日か20日に「通知文」に書いてある口座に7万円が振り込まれます。
※ただし、住民登録上のカナ氏名と口座名義が一致しない方は除きます(下記の(2)の対応となります)。

(1)の封筒

(2)(1)以外の方には、2月2日以降、「確認書」が届きますので手続きが必要です。

(2)の封筒

下記を参考にして、内容をチェックし、署名などをしてください。

[申請期限] 2024年4月30日  ※当日消印有効

※配偶者と離婚した、DV等を理由に避難している方、施設に入所されている方など、「通知文」や「確認書」が届かない方は、特別な配慮を要する方への対応のページをみてください。

(3)(1)と(2)以外で自分が対象だと思う方は、下記コールセンターに相談してください。

札幌市物価高騰対応臨時給付金 相談コールセンター

電話番号:050-3352-2002

受付時間:平日9時から18時まで

対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、フィリピン語、ネパール語、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語、ミャンマー語

札幌市役所ホームページ

申請に手伝いが必要な人は、さっぽろ外国人相談窓口に相談してください。 

※特殊詐欺や個人情報の搾取に注意してください。
・政府や札幌市が、この給付金について、現金自動預払機(ATM)の操作や、支給のための手数料の振り込み、EメールによるURLを使用した手続きを求めることはありません。不審な電話や郵便、Eメールがあったときは、消費者センターや警察署、警察本部相談専用電話(#9110)にご連絡ください。
・政府や札幌市などを装った偽サイトにも注意してください。URLの最後に見慣れない文字があるなど、不審に思ったときは、ホームページを開かずに本物のサイトのURLを確認してください。

 

生活にお困りのとき

社会福祉協議会の貸付

生活福祉資金

社会福祉協議会では、低所得世帯、障がい者世帯、高齢者世帯の経済的自立と生活意欲の促進を図るため、審査のうえで必要な資金を貸しています。

応急援護資金

社会福祉協議会では、低所得世帯、生活保護世帯に対して、一時的かつ臨時的な出費のため困窮する場合で、他の援助等が受けられないときに、審査のうえで資金を貸しています。

生活困窮者自立支援事業

住居確保給付金

生計を維持するために求職活動を行っている人に対して、一定期間家賃相当額を支給するとともに、支援員が就労に向けた支援をします。

生活保護

生活保護は外国人の方は対象となりませんが、永住者、日本人若しくは永住者の配偶者、定住者が生活に困窮し、領事館などから必要な援助を受けられないときには、生活保護の取り扱いに準じて、定められた基準や条件に照らして生活の保障を受けられることがあります。

お困りの場合は、在留カード又は特別永住者証明書に記載された住居地を管轄する区役所保護課にご相談ください。