さっぽろコミュニティ通訳

学校や保育所、区役所等で外国人との「言葉の壁」を解消するため、一定の研修を積んだボランティア通訳を派遣する制度です。原則として、札幌市関連施設に無料で派遣します。

利用時間

月曜日~金曜日 9時00分~17時30分

言語

英語、中国語、タイ語、ロシア語、ベトナム語、ミャンマー語、ネパール語、クメール語(カンボジア語)⇔日本語

※そのほかの言語は現在登録者はおりませんが、担い手を探す努力をします。

相談・申込

札幌国際プラザ多文化交流部さっぽろコミュニティ通訳担当

TEL:011-211-2105
FAX:011-232-3833

メールメールでの相談はこちらから

利用の流れ

  1. まずは国際プラザに連絡し、相談してください。
    内容や日程などを検討し派遣可能かどうか判断します。
  2. 基本的には、行政機関、学校等が依頼者となります。
    外国人から依頼がきた場合は、国際プラザから各機関に連絡し、「派遣依頼票(様式1)」を提出していただきます。
    ※保育所入所申込みのための保育所見学の場合は、外国人利用者から依頼票を提出していただきます。
  3. 利用上の注意の確認や、通訳に必要な情報(当日使用する資料等)の提供をお願いします。通訳者との間で事前に確認が必要な場合は、国際プラザを通じて行います。
  4. 【派遣当日】原則として、利用は2時間以内でお願いします。
    通訳活動をスムーズに行うため、国際プラザの職員が同行することがあります。
  5. 終了後、14日以内に国際プラザに「利用後アンケート(様式2)」を提出してください。

当制度は札幌市補助事業として運営しており、国際プラザが通訳者に交通費を支給します。
行政機関・利用者の費用負担はありません。

利用できます

  • 学校や保育所等での懇談、進路相談
  • 入学、入園前のオリエンテーションや手続き
  • 保健師の乳幼児家庭訪問
  • 赤ちゃん健診
  • 保育所の入所申請、それに係る希望保育所の事前見学
  • 妊娠、出産に係る窓口での手続き など

利用できません

  • イベント、セミナー、説明会など
  • 病院などでの医療通訳
  • 警察、裁判所、弁護士事務所などの司法通訳
  • 学校での試験や学習支援、単なる付き添いなど、通訳ではないもの

様式

医療通訳

病院などに医療通訳を派遣しているグループ

  • 特定非営利活動法人SEMIさっぽろ(英語)※
    SEMIsapporo(at)gmail.com
    ※依頼はメールでしてください。緊急の対応が難しいため 早めの連絡をお願いします。メールは随時受け付けますが、夜間の対応はできません。
  • SCI(札幌中国語医療通訳グループ)(中国語)※
    sp.chugokugo.iryotsuyaku(at)gmail.com
    ※依頼はメールでしてください。メールの受付は月曜日~金曜日の9時00分~17時00分です。緊急の対応が難しいため、早めの連絡をお願いします。

※メールを送信するときは、(at)を@に置き換えてください。

医療通訳派遣実施団体(一般社団法人全国医療通訳者協会)

「さっぽろコミュニティ通訳」「医療通訳」に該当しない通訳や翻訳などは、専門の事業者にご依頼ください。