やさしい日本語   ENGLISH   中文   한국어   Tiếng Việt                        

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種について (Updated:9/24)

このページは、札幌市に住む外国人のみなさんに、コロナウイルスワクチン接種の状況や方法などをわかりやすく説明するページです。

医療機関(ファイザー社製)での接種

[現在の対象]
12歳以上で接種券を持っている人

医療機関に、直接予約してください。(基本的に日本語対応のみ)

集団接種会場での接種

[現在の対象]
(1)16歳以上の方(誕生日が2006年4月1日よりも前の人)
(2)基礎疾患があり12歳~15歳の方(事前登録が必要です!くわしくはこちら
(3)教職員などの優先接種対象者(職場で確認してください。参考:札幌市のページ
(4)妊娠中の方と、その方と同居中の16歳以上の方(くわしくはこちら
その他、大学や職場などでワクチン接種を受けることができる人(くわしくは、大学や職場で確認してください。)
ワクチンクーポン券(接種券)が届いても、(1)~(4)以外の人は、まだ、接種の予約ができません。

12~15歳の方は、現在対応を検討中です。

※基礎疾患のある人は事前登録をすると、集団接種会場の優先接種対象者枠の予約ができます。

接種会場や予約方法など状況は毎日変わっています。
最新の情報は、さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVIか、札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター(011-351-8646)で確認してください。

[1]札幌市からこの封筒が届きます。

封筒の写真

封筒の写真

[2]次の書類が入っています。

1.クーポン券(接種券)

※翻訳はありません 

 
2.接種のお知らせ (写真は64歳以下の人に送付されたものです)

ワクチン接種のお知らせ

接種会場や予約方法など状況は毎日変わっています。
最新の情報は、さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVIで確認してください。

64歳以下の人に送付されたものの翻訳
やさしい日本語
英語(English)
中国語(簡体字)Simplified Chinese
ベトナム語(Vietnamese)

65歳~74歳の人に送付されたものの翻訳
やさしい日本語
英語(English)
中国語(簡体字)Simplified Chinese

75歳以上の人に送付されたものの翻訳

やさしい日本語
英語 English
中国語(簡体字)Simplified Chinese
ベトナム語(Vietnamese)
韓国語(Korean)

  

3.説明書

予防接種の説明は、厚生労働省のページをみてください。

送った説明書と形は違いますが、書いてある内容は同じです。 

モデルナ社製
日本語(Japanese)
英語(English)
中国語(簡体字)(Simplified Chinese)
韓国語(Korean)
ベトナム語(Vietnamese)

ファイザー社製
日本語(Japanese)
英語(English)
中国語(簡体字)(Simplified Chinese)
韓国語(Korean)
ベトナム語(Vietnamese)

その他の言語
 

 4.ワクチン接種実施医療機関等のご案内(写真は64歳以下の人に送付されたもの)

接種実施医療機関等のご案内

接種会場や予約方法など状況は毎日変わっています。
最新の情報は、
さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVIで確認してください。

64歳以下の人に送付されたものの翻訳はありません。

 65歳~74歳の人に送付されたものの翻訳
やさしい日本語
英語 English
中国語(簡体字)Simplified Chinese

75歳以上の人に送付されたものの翻訳

やさしい日本語
英語(English)
中国語(簡体字)(Simplified Chinese)※医療機関名は日本語
ベトナム語(Vietnamese)※医療機関名は英語
韓国語(Korean)※医療機関名は日本語

最新情報は札幌市ホームページを見てください。
 

5.予診票

予診票

※2回接種するので予診票は2枚入っています。

※翻訳は、厚生労働省のページにあります。
日本語(Japanese)
英語(English)
中国語(簡体字)(Simplified Chinese)
韓国語(Korean)
ベトナム語(Vietnamese)
その他の言語

[3]ワクチン接種を受けるか決める

重い急性疾患にかかっている人、過去に本ワクチンに含まれている成分に重度の過敏症が起こったことがある人などは接種できません。医師と相談してください。

※「3.説明書」を読んで確認してください。

[4]接種を予約する  

接種会場や予約方法など状況は毎日変わっています。
最新の情報は、
さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVIか、札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター(011-351-8646)確認してください。

また、各大学や職場などでのワクチン接種も進んでいます。くわしくは、大学や職場で確認してください。

9月17日現在↓

医療機関で予約

厚生労働省「コロナワクチンナビ」のページで医療機関や予約方法の確認ができます。

また、さっぽろ新型コロナウイルス・ワクチンNAVIでも確認できます。

  

医療機関で使用するのは、ファイザー社製のワクチンです。

ファイザー社製ワクチン説明書

集団接種会場で予約

下記の現在予約可能な集団接種会場から選び、電話またはインターネットで予約します。

<電話での予約>

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種予約センター
電話番号:050-3684-9238(毎日午前9時~午後6時)

※日本語、英語、中国語、韓国語対応

<インターネット予約>

https://www.sapporo-cov19-vaccine.jp/(日本語)

予約画面説明書:日本語英語中国語ベトナム語

 

現在の集団接種会場と使用ワクチン↓ (集団接種会場には、映像通訳があります)

札幌コンベンションセンター   白石区東札幌6条1丁目1-1 モデルナ         
つどーむ 東区栄町885番地1 モデルナ  
札幌エルプラザ 北区北8条西3丁目 モデルナ  

※札幌市医師会館

中央区大通西19丁目 ファイザー    

   

パークホテル

(9月22日から予約再開)

中央区南10条西3丁目

ファイザー  

 ※札幌市医師会館は、土曜日・日曜日(9:30~16:30)と、以下の日の夜(18:00~21:00)のみです。

夜間接種日:9/27(月)、10/5(火)、10/6(水)、10/12(火)、10/14(木)、10/19(火)

1回目の予約から21日後、自動的に2回目が予約されます。

​​​​​​

モデルナ社製ワクチン説明書

ファイザー社製ワクチン説明書

※アストラゼネカ社製ワクチンの接種をご希望の方は、北海道のホームページをご確認ください。

アストラゼネカ社ワクチン(AZワクチン)接種センターについて(北海道)

[5]接種の日までに、予診票を記入する。

厚生労働省のページ[予診票の各国語訳]を見ながら、日本語か英語で予診票を記入してください。
※わからないことがあれば、札幌市新型コロナウイルスワクチン接種問い合わせセンター(011-351-8646)

[6]接種会場に行く

【持っていくもの】
・クーポン券(接種券)
・記入済みの予診票
・本人確認書類(次のうち1つ。在留カード、健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード、年金手帳、パスポート)

※行く前に家で体温をはかり、37.5℃以上ある、体調が悪いなどがあれば行くのをやめて、予約した医療機関に連絡してください。集団接種会場の場合は札幌市新型コロナウイルスワクチン接種予約センター(050-3684-9238)」に連絡してください。
※腕に注射するので、肩を出しやすい服がいいです。

[7] 接種後の注意事項 

ファイザー社製:日本語 やさしい日本語 英語 中国語 ベトナム語

モデルナ社製:日本語 英語 中国語

 基礎疾患がある方の登録

下記の基礎疾患があり、コロナワクチン接種を希望する人は、札幌市の事前登録サイトで登録して下さい。
登録をすると、集団接種会場の優先接種対象者枠の予約ができます。

■慢性の呼吸器の病気
■慢性の心臓病(高血圧を含む。)
■慢性の腎臓病
■慢性の肝臓病(肝硬変等)
■インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
■血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
■免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
■ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
■免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
■神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
■染色体異常
■重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
■睡眠時無呼吸症候群
■重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
■基準(BMI30)以上の肥満の人 【BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)】

診断書等の証明書は不要です。接種時に医師が状況を確認します。
FAXでの登録も可能です。詳しくは、札幌市ホームページを見てください。

妊娠中の方と、その方と同居中の16歳以上の方

妊娠中の方は、妊婦健診を受けている医療機関での接種が望ましいので、医療機関に確認してください。

医療機関での接種が難しい場合は、妊婦健診先の医療機関に集団接種会場での接種を受けて良いか確認し、札幌市の事前登録サイトで登録してください。
登録をすると、集団接種会場での接種予約ができるようになります。
※医療機関で接種する方は、登録不要です。

妊娠中の方と同居する16歳以上の方で、早めの接種を希望する方は、同じ事前登録サイトで登録すると優先的に予約ができるようになります。

ワクチンについての問い合わせ先

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター

電話番号: 011-351-8646
【受付時間:9時00分~18時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、受付窓口を設けての対応は行っていません。

※対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語
札幌市ホームページ

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
【受付時間:9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も受付)】

・日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時00分~21時00分

・タイ語 :9時00分~18時00分

・ベトナム語 :10時00分~19時00分
厚生労働省ホームページ

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について 

札幌市で2回のワクチン接種を完了した方で、海外渡航の予定があり、「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」が必要な方は、次の3つを郵送して申請することができます。

申請書(印刷して、日本語または英語で記入する)

https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/documents/form.pdf

パスポートのコピー(海外渡航時に有効なもの)

ワクチン接種券のコピー(接種後のシールが貼ってあるもの)

例:https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/documents/coupon_.pdf

  ※日本国内では、これがワクチン接種済みの証明になります。

[郵送先]

〒001-8405

札幌市保健福祉局ワクチン接種担当部

(郵便番号のみで住所不要)

※封筒に「ワクチン接種証明 申請書在中」と記載してください。

くわしくは、札幌市HPをみてください。https://www.city.sapporo.jp/2019n-cov/vaccine/passport.html